保冷米びつ+精米機=新鮮米ぬかでツルツヤ肌!

米びつ前

いやー・・とうとう買ってしまいました。
「保冷米びつ」と「精米機」

これでもう、玄米はもちろん7分づきや5分づき
はたまた無洗米や胚芽米まで、自由自在です♪

しかも、精米で出来立ての「米ぬか」で洗ったら
お肌が文字通りツルツヤに光るという、副産物がついてきました*^ ^*

スポンサードリンク

予想以上にデカイ荷物来た

米びつと精米機

何年も前から、お米の備蓄とか気になりつつも
保冷庫置く場所無いしな・・と二の足踏んでたんですが

知人の農家さんから、ほぼ無農薬の玄米を
買わせて貰うことになり、勢いで準備しました保冷米びつ。

んで、お米を10キロずつとか
精米所へ運ぶのを考えたら、気が遠くなるので
毎回炊く前に、家で精米すれば一番美味しいよね!と、精米機もゲット。

一番お得で、使いやすそうだった
エムケー 保冷米びつ(31kg)のCoolAceをアマゾンで購入。

そして、精米機は

3分づきから無洗米まで選べて、5合一気に精米できて
更には胚芽米も出来る、口コミがやたら多くて評価も高い
道場六三郎プロデュースという触れ込みの、山本電気「匠味米」を。

ハッキリ言って、箱はデカイです。
しばらく玄関に置いてたら、かなり邪魔でしたw

幅30センチって結構な細身

米びつ中

組み立ては、蓋を付ければ良いだけだったので
すぐに保冷開始、お米投入。
米びつ下

下から、手動で量るタイプ。
米びつ板

板を引く度に、1合ずつ落ちてきます。
玄米1合

これで1合分ね。
米びつ上

「サイズ:巾300*奥行555*高さ860mm」とありますが
んーと、身長154センチの私で言うと
腰骨とかおヘソのちょっと下くらいの高さでした。

巾30センチと意外と細目だったので、衝動買いした割りには
なんとか台所に収まりました^ ^;

精米機の仕組み

精米機1

精米機本体と、計量カップ1つが同梱でした
精米機2

蓋を開けたところ
精米機3

この羽(ブレード)がガリガリと精米してくれる訳ですな
精米機6

米ぬかが溜まる「ぬかボックス」
精米機5

その上に、お米を入れる「スクリーン」をセットして
精米機4

△の印を合わせて蓋をスライドさせると、電源が入ります。

一年中新米が食べられる?「精米機」

精米機8

保冷米びつから出してきたばかりのお米投入
精米機9

今回は4合だから、合数を合わせて・・
精米中

精米中!回ってます回ってます!

音は結構ウルサイです。
横のリビングでテレビ見てる家族が「なんだなんだ」と寄ってきました・・
テレビのボリューム上げて、ちょっとだけガマンしてねー
精米終り

動きと音が突然止まって終わり。おお、白くなってる!
精米したてのお米は、確かにふっくらモチモチでうんまーです^ ^

すでに、保冷米びつ&精米機を備えてるご家庭は
「新米を一年中食べてる感じ」らしい。なるほどね・・

胚芽米って何?発芽米とは違うの?

精米機7menu

精米機のメニューに「胚芽米」のAとBというモードがあって
何のこと?発芽玄米のことかな?と思ってたんですが

違いました(ーー;

要は、発芽できる機能がある「胚芽」の部分を
残す、特殊な精米方法で磨いたお米の事らしいです。
通常の精米より、ずっと低速で回すことで、削れる箇所が変わるんだとか。

ぬか部分は取れて、白米のように美味しいけど
栄養が豊富な胚芽は残ってるので
玄米より消化がいいし、白米より栄養価が高い、と。

ちなみにAとBの違いは、精米度の差でした(通常はAで70%、Bは弱め)
胚芽米、いいんじゃない?次の精米は、胚芽米モードでやってみます。

参考:女子栄養大学「胚芽米のすべて」

<追記>
通常の胚芽米モード(A)でやってみたら
結構色は残ったままですが、お味は今までで一番
美味しかったです。噛むほどに旨みが・・これからコレにしよう。

普段ご飯少なめの娘が、今日のはオイシイ~と言って
2回もおかわりしてました^ ^;

電気代はどれくらい?

精米機は、5合を白米にするのに3分弱なので
1日1回として、全く気にならない程度かと。

問題は、保冷米びつ。

15℃に保ってくれてる間、一体どれくらい電気を食うのか・・
・・・と思ったら、1日約8円とのこと。ひと月30日として、240円くらい。
冬の間、気温自体が15℃を下回ったら、自動的にOFFになるらしい。

じゃあ年間、例えば9ヶ月稼働とすると、2160円ですね。
寒い地方の方は、もちょっと安くなるかな。

まあこれで
大量にお米があっても、猛暑でも虫が湧く心配なくなるから、安心~^ ^

米ぬか活用法。取り敢えず洗顔から!

米ぬか2

で、ですね。
ずぼら美肌的には、これからが本番なんですけど

精米したら、出るわ出るわ、想像以上の米ぬか!!
出来たてをぺろっと舐めてみたら、ほぼ「きな粉」?

生まれて初めての米ぬか、美味しかったです!!
思わずそのまま、スプーンで何杯か食べてしまいました^ ^;
炒り糠1

ただ米ぬか、大腸菌が付いてたりもするので
フライパンで数分炒める「炒り糠」にすると良いそうです。
炒り糠2

炒った後に保存容器に入れて、冷凍保存してます。
面倒くさい時は、炒らないでそのまま冷蔵庫に貯めてます。

ガーゼに包んで、ぱふぱふと肌に触れてみたり
そのままペースト状にして肌に乗せてパックみたくしたり
(入浴中やってたら、お湯に落ちてもれなく白濁の入浴剤状態に・・)

本来、捨てられてたところが
むっちゃ利用価値があるってのが、なんだか嬉しいんですよね。

実際、つるっつるしっとりですよ。米ぬか洗顔。
セラミドや糖分も豊富だし、美肌菌も喜びそう。

粒が荒いところもあるから、ゴシゴシするのはNGだけど
そーっと乗せておいたり、ガーゼ越しで使う分には、むっちゃスグレモノな感じです。

もう、充分じゃん。これで。
(普段から水だけ洗顔だけど)洗顔料なんて要らんのちゃう?

・・あとは米ぬか入りお菓子とか、色々オモシロがって試してますが
それでも余るな・・どうしよう。残るはぬか漬けか・・

うん。
次はいよいよ、「米ぬかで菌活」ですな^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.6.18

グルテンフリーダイエット・・その不調、小麦グルテンのせいかも?

「グルテンフリー」という言葉 最近、良く耳にしませんか? 以前、「お麩がお肌の弾力に良いらしい」という 記事を書いた時、小…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る