付けてる方が調子良い日焼けどめ?界面活性剤不使用のヘヴンヴェール

今年もまた、幾つも新しい日焼けどめに挑戦中のきのみいです。
その中で、圧倒的に優しい使用感と機能性高いモノがありまして・・

何より、毎日塗ってても平気なんですよ。

わたし今、一年で1番肌荒れる時期なんですけど^^;
ヒリヒリの上に塗っても痛くないどころか、むしろ
落ち着くのが凄くて。。@@;

予想を上回る優しさと機能性、必見です。

>>ヘヴンヴェール

スポンサードリンク

ヘヴンヴェール+ギフト付き
オイル美容のキャメロン&ガブリエル

今回モニターさせて貰ってたのが
キャメロン&ガブリエルさんの「ヘヴンヴェール」

小ぶりな日焼けどめ1本のはずが
なんだか大きな箱で届きまして・・

リーフレットの他に、なぜか
バラの入浴剤も入ってましたΣ(゚Д゚)
(合成色素とか余計なの入ってなくて嬉しい)

普段から、何かしらのギフトを
必ず同封されているのとのこと。
同封メッセージ含め、女子力高い系でした・・

キャメロン&ガブリエルというメーカーさんは
オイル美容が専門らしく

「美容オイルこそが最良のスキンケア料」

と言い切られています。

ヘブンヴェール全成分一覧

ヘヴンヴェール自体の箱はちっちゃいです

名称は「日焼けどめ化粧下地」なのね
内容量は30g

ヘヴンヴェール全成分
・水:精製水
・ラウリン酸メチルヘプチル:ヤシ油由来脂肪酸(ラウリン酸)&ヒマシ油由来高級アルコール
・酸化亜鉛:紫外線散乱剤
・BG:湿潤性&防腐作用
・グリセリン:保湿剤。100%植物油脂由来
・スクワラン:精製純度が高い鮫由来
・アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
・ホホバ種子油
・酸化チタン:紫外線散乱剤
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC):油溶性。水溶性VCより持続力が長く低刺激
・セラミドNP(セラミド3):皮膚のバリア機能改善作用、水分保持
・クリスマムマリチマムカルス培養液:メラニン色素の生成抑制、セラミド生成サポート
・エリンギウムマリチムムカルス培養液:高い抗酸化作用、肌荒れを防ぐ
・フランスカイガンショウ樹皮エキス:別名フラバンジェノール。
 抗酸化力&抗糖化力のあるOPCを含む
・トコフェロール(ビタミンE):天然のビタミンE。酸化防止作用
・ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム):バラの様な香り。収れん作用&過剰な皮脂抑制
・アーチチョーク葉エキス:メラノサイト増加や炎症因子の過剰な働きを抑制
・オレンジ油(オレンジスイート):整肌作用も
・水酸化Al:酸化チタンのコーティング剤として。天然成分
・ペンチレングリコール:保湿性&防腐作用
・ホホバエステル:顔料(酸化亜鉛)のコーティング剤として。天然成分
・イソステアリン酸:分散剤として
・ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース:増粘剤
・酸化鉄:鉄由来の無機顔料粉末
・t-ブタノール:果物などにも含まれる分岐脂肪族のアルコール。原料の溶剤、変性剤
・ポリヒドロキシステアリン酸:顔料の沈殿防止機能
・(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー:分散、保湿、増粘剤
・フェノキシエタノール:防腐剤

見てお分かりのように、ノンケミカルで
紫外線散乱剤のコーティング剤にもこだわりが。

以上、全成分詳細は
キャメロン&ガブリエルのサイトから
抜粋したのですが

まー、すんごく丁寧に書いてありまして・・

全成分出さなかったりするメーカーも多々あり
商品選択に疑心暗鬼になりがちな昨今、
読むだけで安心感があります。メーカーの伝えようとする姿勢がね。。

ヘヴンヴェール使用感レポ

さて、いよいよ実際に使ってみますよー

先の細いチューブ型

肌色で柔らかいぽってり感です

少し伸ばしてみたら
スルッと液化しましたよ・・?

アップした図
乳液から化粧水に変わった??
と思った瞬間でした

そして完全に伸ばした図。
うっすらツヤが出てますが

元は肌色だったのに、色は出ないみたいで
静脈の青さが薄れることなく、そのまま見えています。

匂いは、ゼラニウムのローズっぽい香りがベース。
オレンジスイートの柔らかな柑橘系の甘さもあって
ローズが得意でない私でも大丈夫でした^^

使ってる方が、肌に良い?!
肌荒れが落ち着いたよー(≧▽≦)

実は私、今の季節の花粉症がありまして(´;ω;`)
家のリフォームと重なったこともあり、今年は症状が強く
鼻付近が少々可哀想なことになっておりますOrz

日焼けどめを塗らないとダメな日が続くと
やっぱり途中で酸化&乾燥を感じるし、
洗顔する度にお肌の疲れが蓄積されるんですよね・・

ところがところが。

ヘヴンヴェールはマジで
夜まで付けてても、別に落としたくならない。

むしろ、付けてるの忘れるほど違和感が無い^^;

そして、付けてる間&落とした後の方が、
付ける前よりコンディション良い?!

改めて確認したら、美容液成分が85%とのこと。
中でも抗酸化力の高い、エイジングケア系の成分が
やっぱり力持ってるのかなあ、、と思いました↓

クリスマムマリチマムカルス培養液
エリンギウムマリチムムカルス培養液
フランスカイガンショウ樹皮エキス

界面活性剤不使用でこの安定感?
「三面乳化」という凄い技術

まあね、とにかく見事な乳化なんですよ。

「乳化剤(界面活性剤)無いのに、Why??」って
凄く不思議なんですが。。。@@;

いや、乳化剤入っててもね、
ノンケミカル(散乱剤不使用)の日焼けどめで
ここまで滑らかで白浮きも負担も無いのって
あります?私は見たことないです。近かったのはあるけど。

「三面乳化」って神奈川大学の特許技術で
今は東洋新薬さんだけが作れるのかな。

界面活性剤と言っても
低刺激で肌負担も少ない成分もあるし
一概に悪者扱いする必要ないのですが

まあ、不使用の方が圧倒的に
嬉しいですよね^^;

「肌バリア機能を損なわない」っていうのは
肌薄い私には、何にも代えがたい安心感です。。

ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)で
SPF45・PA++++という高機能

こんだけ肌に優しかったら、
UVカット効果が弱くても塗り直すしイイヨー!
・・と思っちゃうくらいなんですが

意外や意外、最高レベルの

SPF45&PA++++

という紫外線カット効果がΣ(゚Д゚)

しかも、三相乳化で超安定してるので
皮脂や汗で崩れず、まめな塗り直しも不要とのこと。

いやね、日常使いならもっと低いレベルで大丈夫、
SPFとか高いほど肌に負担だから、と思ってましたが

ヘヴンヴェールは「こんなに軽くて大丈夫かな」と
不安になるくらい負担少ないので、塗り直さないで済むなら
肌への摩擦刺激も減るし、ずぼら的に万々歳です(∩´∀`)∩

ヘヴンヴェールのメリット・デメリット

まとめますと・・

◆ヘヴンヴェールのメリット◆
・界面活性剤不使用
・ノンケミカル(紫外線吸収剤ゼロ)
・低刺激、肌ストレス無し
・白浮きしない
・石けんでオフできる
・ウォータープルーフ
・なのに超軽い
・美容液成分85%
・SPF45&PA++++

◆ヘヴンヴェールのデメリット◆
・お高め。コスパ的にボディには難しそう?
・付けてるのを忘れるくらい軽い=落とし忘れのリスク
(冗談でも誇張でもなく(;・∀・))

まーとにかく、
今まで使ってきたノンケミカル日焼けどめの中では
圧倒的な軽さ・優しさ・機能性で
今のところナンバーワンかと・・

肌が弱くて日焼けどめを使いづらい方ほど
ぜひ一度試してみられてください&ご感想お聴かせください。

>>ヘヴンヴェール

関連記事

コメント

    • バニラ
    • 2017年 6月 18日

    はじめまして!前からブログ読ませてもらっています!きのみいさんは今もヒューマンフローラを使っていますか?もし使っていましたら、その上からこの日焼け止めを使って、ボディーソープで落としたりしていますか?ヒューマンフローラをラインで使っていると菌バランスが崩れるから日焼け止めも使わないで、ヒューマンフローラから出ているパウダーだけ塗るのが一番いいみたいですが、私は毛穴も目立つし、パウダーだけだと実は上手く塗れなくて、、この日焼け止めを塗ったら少しでも肌が綺麗に見えるかな~と思ってコメントしました。長くなりましたが、教えていただきたいのが、①ヒューマンフローラとの相性はどうか、ヒューマンフローラのソープで落ちますか②エコロジカルの日焼け止めでさえあわず肌が弱くすぐ炎症、毛穴が詰まる肌でも使えるでしょうか③肌が少しでも綺麗に見えるでしょうか? ということです。もし良ければ教えていただきたいです。

      • きのみい
      • 2017年 6月 21日

      バニラさん♪

      はじめまして、以前からお読みいただいてたのこと
      嬉しいです、ありがとうございます!!ヽ(=´▽`=)ノ

      >①ヒューマンフローラとの相性はどうか、ヒューマンフローラのソープで落ちますか

      日によって複数の洗顔料を使い分けていますが
      ヒューマンフローラのソープはずっと使ってますよー^^
      ヘヴンヴェールも落としますが、残る感じはしていません。

      >②エコロジカルの日焼け止めでさえあわず肌が弱くすぐ炎症、毛穴が詰まる肌でも使えるでしょうか

      コンディションにより炎症が起こることもありますし、決して断言することできませんが・・
      もしかするとバニラさんは私と同様、皮膚が薄目の方なのかしらと推察します。基本的に肌に塗るモノは即負荷になりますよね。
      御存知の通り、やはり出来る限り、日焼けどめ等は塗らない方向で居られたほうが良いと思います。
      日傘や帽子、フェイスマスクなどの日除けがどうしてもできない等のシチュエーションでのみのご使用になりますね。

      肌への負荷は、エコロジカルよりは軽いと思います。
      ウォータープルーフのオーガニック系日焼けどめで言うと
      エコロジカル>ソレオ>ヘヴンヴェールの順で優しい印象です。

      ウォータープルーフに限らないのであれば
      ネオナチュラルのUVホワイトプロも優しいですが
      それより更に少し軽いかと思います。

      >③肌が少しでも綺麗に見えるでしょうか?

      ヒューマンフローラのパウダーは残念ながらまだ未体験で
      比較できないんです、ごめんなさい(汗)

      ただ、ヘヴンヴェールには
      「肌が綺麗に見える」ための”強い補正効果”はなく(色素補正要素が無い)
      光の反射で、うっすら肌理ツヤが整って見える「ソフトフォーカス」のレベルです。
      なので、付けないよりは綺麗に見えますが、バニラさんの期待に沿えるレベルかどうかはわからないです・・

      とても具体的な質問をいただいてたのに
      お返事遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m
      少しでもご参考になれば良いのですが^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.6.22

オーガニックコスメは決して安全ではない。むしろ攻めのコスメだ

肌断食を選ぶまでは 一般的なケミカルコスメで合うものがなかなかなくて オーガニックコスメに安心感を求めていた、きのみいです …

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る