顔って、朝晩石けんで洗う必要ある?

肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32

こんな記事がありました。
 「美肌作る洗顔テク 洗う派、洗わない派それぞれの言い分紹介」(ガジェット通信)

そんなにみんな、朝晩ガシガシ洗ってるの?!という素朴な疑問。

スポンサードリンク

皮脂の分泌量が圧倒的に減るのかも知れない30代後半

物心ついてからというもの、ン十年という長い間
私は朝晩、石けん洗顔をしていました。

小学生高学年のある冬の朝、けっこう熱めのお湯で顔を洗おうとしていると
当時30代半ばの母親から「まさかお湯で洗ってるの?!」とビックリ仰天されて
逆にこちらがビックリ@@;したという思い出があります。

母:「えええ~私は、お湯でなんかよう洗わんわ・・」 

と言われて、ふーん、大人はそういうものなのか、と。
以後、なーんとなく、お水かぬるま湯で洗うようになりました。

ただ、赤ちゃん子育て等で、全く余裕の無い数年間は
風呂場のシャワーの熱いお湯で、身体を洗うと同時に顔も洗い流したりして
相当荒っぽかったです(ーー; 2年前までだから、つい最近の話ですよね・・反省orz

今は、朝晩の石けん洗顔は、ちょっとキツイです。。

そもそも石けん&洗顔料での洗顔って単なる習慣では

その昔、荒れたり気持ち悪かったり、意味が分からなかったりして
「化粧品なんて使えない!」と思っていましたが

化粧品以前に、過敏な状態であろうと関係なく
毎日石けんや洗顔料での洗顔を欠かさずしていた私は
一体なにをやっていたのだろう。と、今では思います。

「石けんで洗うとキレイで清潔になる」という、幻想に近い思い込みがあったようです。

 >>関連記事:「常在菌と仲良くしよう」 – 旧 ずぼら美肌

皮膚常在菌の増え方を考えると、アレッポの石けんなど、いくら保湿力の高いものでも
石けんの使用は一日一回を限度にしておいた方が良いと、今は理解しています。

専門家によって言うことが違う!洗う?or洗い過ぎない?

ただ、これについては
皮膚の専門家の方々でも意見が分かれる所なんですよね。

最近はNHK御用達な感じの、皮膚の専門家吉木伸子先生など
コスメや美容皮膚科で、肌を積極的にコントロールしようという方々は
「朝晩2回の洗顔で皮脂をクリアにするのは必須」という姿勢。

皮脂の酸化が、毛穴やニキビの原因になるというのは常識となりつつあるので
巷にあふれるニキビや毛穴対策グッズを見ても
「毛穴の汚れをキレイに取り除く!」というコピーばかりです。

但しその場合、その後のお化粧品などで
人工的な皮膚バリアを作る為の「お手入れ」が必要となります。

逆に、皮膚には自浄作用があるから
皮膚常在菌の働きを損ねないようにしよう、という方々は
「1日1回以下の石けん洗顔」や「水だけ洗顔」など、余り洗い過ぎない方が良い、という姿勢。

例えば、皮脂の酸化ですら
皮膚のターンオーバー(正常に古い角質が剥がれていく様)を促進する
プラスの要因にもなると私が知ったのは、フルフリ杉さんのこんなお話からでした。

表皮ににじみ出た皮脂は確かに、半日程度で酸化します。 

但し、酸化した皮脂は適度な刺激になって、表皮の奥の方にある顆粒層を刺激します。
この刺激により、新しい細胞が生成され新しい角質層が生成されることになります。

この話はどこかで聞いた事がありませんか?

そうです! 皆さんご存知のあのターンオーバーです。
皮脂の酸化がターンオーバーにある程度寄与しているらしいんですね。

(フルフリお手紙ブログ「過剰なスキンケアはやめようよ!」より)

今現時点での個人的な洗い方

クリアソープバー泡

まず前提として
クレンジングが必要になるような、落ちにくいメイク用品は使いません。
基本すっぴんか、石けんで落とせる日焼け止めや、同じく石鹸で落ちるミネラルメイクまで。

夜、お風呂上り後、洗面所でヒューマンフローラのソープもしくはクレウォッシュ
エトヴォスクリアソープバーなどの保湿力の高い石鹸を泡立ててから
肌に垂直に手を動かしてパフパフ(ここ大事)洗い、水ですすぎます。

でも実は私、日によっては、1度も顔を洗わない事もあります(すっぴんは前提ね)

体調が下り坂で、ちょっと肌が過敏そうだなーという時。一晩、肌に復活を委ねます。
朝起きて、目ヤニがついていたら、その周りは水を付けて軽く拭いますけれど。

元気な時は、目ヤニすらついてなかったりするので
「毎朝、必ず、洗顔する」という習慣が、今はありません^^;

キタナイ?非常識?・・・もはや、そうでも無いかも知れませんね。

ファンデーションなどのメイクや日焼け止めを塗ってしまうと
どうしても洗わないとイケないので、最近はいかに塗らないでおこうか?と
フェイスオンワンピベルメゾンのUVカット首元ガードの様なフェイスガードを活用しています。

ずぼら美肌の最終手段は
つけない、洗わないで済む、こういったフェイスマスクかも知れません・・?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.6.22

オーガニックコスメは決して安全ではない。むしろ攻めのコスメだ

肌断食を選ぶまでは 一般的なケミカルコスメで合うものがなかなかなくて オーガニックコスメに安心感を求めていた、きのみいです …

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る