これが私の美肌菌!?初めてのご対面・・美肌菌バンクその後

my美肌菌培養

これ、何だと思います?

私の肌に棲んでいる
スタフィロコッカス・エピデルミディス、
いわゆる「美肌菌」なんですよ!

しみじみ眺めつつ、なんだか
ジーンとしてしまいました・・(T-T)

スポンサードリンク

無事に採取できてた!良かった~!

美肌菌一次培養

美肌菌の採取&培養が無事成功したらしく
培養時の写真を送って頂きました。

美肌菌採取をして貰ったのが、11月26日。

これは、第一次培養で
色んな菌が、雑多に存在している状態の写真です。

ここから
美肌菌(S.Epidermidis)のみを
抽出して判定する作業が始まり

ややこしい同定検査などを経て
最終的に残った菌が、このコロニーの写真。

my美肌菌培養

・・なんか、綺麗じゃないですか?@@;

意味もなく、マジマジと見入ってしまいます。

この子たちが、今も肌に居るんだなー・・と思うと
かなり不思議な感覚です。言葉にできません(ーー;

そして、この美肌菌のみを
更に増やして、美肌フローラが製造される訳ですが

採取から商品の発送まで
通常1ヶ月半程掛かるそうです。大変!

フレグランスジャーナル12月号

フレグランスジャーナル

写真で菌との対面を果たした同じ頃
「美肌菌戻し法」の論文を読むために

「フレグランスジャーナル」という専門誌を買いました。

何が面白いって、普段ぜったい目にしない
化粧品の原料会社の広告ばかりなんですよ笑

肝心の論文ページに辿り着くまでに、
かなり時間が掛かりました^ ^;

やっぱり美肌菌バンクは面白い

本の中身は、写真撮れないんですけど
改めて、興味深い内容が書かれていました。

S.aureusの定着&増殖を抑制する抗菌物質や
活性酸素種に対する消去能を示すスーパーオキシドディスムターゼを産生する

市販されている多くの基礎化粧品には
オリゴサッカライドなどのS.epidermidisの増殖を促す物質が含まれているが
これらの物質は感染症の起因菌であるS.aureusの増殖を促進させてしまう可能性も有している

新たに定着したS.epidermidisによって供給された
乳酸やプロピオン酸などの有機酸が、皮膚の弱酸性状態のさらなる安定化に効果を示したと考えた。
皮膚が安定して弱酸性に保たれる利点の1つとして、スフィンゴミエリンやグルコシルセラミドからのセラミドの合成に有利に作用することが挙げられ・・(以下略)

などなど、難しい言葉が並んでいましたが

無理やり簡単に言うと

・美肌菌の出す有機酸で弱酸性が安定、キメが改善
 
・弱酸性状態はセラミド合成に有利
 
・生きた美肌菌が定着すると、弱酸性の効果も持続する
 
・美肌菌には悪玉菌の増殖を抑制する力がある
 
・オリゴサッカライドは悪玉菌も増える可能性がある

・・・と言った感じでしょうか。

最終目的はアトピー治療への応用か

市販の美肌菌に着目したコスメでは
単にグルカンオリゴサッカリド(オリゴサッカライド)が
配合されているものがほとんど。

でも実際、グルカンオリゴサッカリドだけで
美肌菌の増加に効果的かというと、逆に
黄色ブドウ球菌(悪玉菌)も増えちゃう恐れも否定出来ないという。

美肌菌だけを増やすことで
黄色ブドウ球菌を抑えられるなら、それにこしたことないですよね。

論文はこんな風に締めくくられていました。

美肌菌戻し法によるS.epidermidisの定着量の増大が

アトピー性皮膚炎に対する新たな治療法としても応用できると考えている

・・・むっちゃ期待しております!

マイ美肌菌キタ!でも勿体無くて使えない・・

my美肌菌

その後、しばらくして
私の美肌フローラの1ヶ月分が届きました。

1週間に2回、9本分入りです。冷蔵保存。
美肌菌バイアル瓶

毎回このビン(バイアル瓶と言うらしい)から
スキムミルクと菌の粉末を出して、化粧水と混ぜるのですが
バイアル瓶は必ず使いきりだそうです。

・・・これ、いつ使おう??半年は持つのよね。

実物の菌を触ってみたいけど、開けたら最後だし。

1ヶ月分、一気に使うのもなんかモッタイナイ。

でも、継続使用じゃないと効果が無かったらどうしよう(ーー;

とにかく、今のところは
全くもってお肌の調子が良いので

何かしらトラブルやお悩みが発生すれば
その時点から使ってみたいと思います。

それまで、冷蔵庫で待っててね*^ ^*

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.1.7

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学

ずぼら美肌的オススメ図書でもあります 「傷はぜったい消毒するな」の著者でもある 湿潤療法の第一人者、夏井睦さんのご本。 余…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る