植物由来成分VS合成成分について考える。「天然だから安心」はホント?

green

基本、天然大好き、無添加大好きのきのみいですが

近頃は「植物成分だから安心」「無添加だからお肌に優しい」と
謳われているものについては
逆に、一旦疑念を持つようになりました。

広告のコピーが、引っかかるんです(ーー;

今までは
「天然由来100%」等と書かれていると

それだけで安心して嬉しくて
テンション上がったりしてましたが

だいぶ事情が変わってきました・・

スポンサードリンク

なぜに合成より天然を望むのか

化学知識のある友人
(化粧品による肌荒れ経験ナシ)とおしゃべりしてると

友:「なんでそんなに、合成界面活性剤がイヤなん?」

と不思議そうに聞かれる事がありました。

私は
これまで、合成洗剤の洗浄力がキツく
肌に合わなかったこと

一般的なケミカルコスメで肌荒れした等の経験から

私:「んー信用出来ないというか。。気持ちの問題かもねー」

と答えていました。

また、同じ成分でも
「石油由来」と「植物由来」が存在する場合も悩ましく。

オーガニックコスメメーカーさん等に
”合成と違い天然由来だから良いんです”って説明されても
そう?ホントに?って思ったり(ーー;

(原料により、ニオイなど随分変わるのは確かみたいですが)

天然ならアレルギーが出ても諦めがつく?

私:「天然成分なら、もしアレルギー等で合わなくても”ああ、そうか”と諦めもつくけど
自然に存在しない合成されたものって、もし後で『実はアカン奴でした』ってなったら、腹立つやん?」

友:「ふうん・・でも、天然成分て、均一化するの無理ちゃう?不純物もあるやろし」

私:「うん。そらそやろな」

友:「あと、抽出してそのまま、より
 精製してある方が、私は安心やけどな」

私:「なるほど・・私は”無添加”とか”無調整”とか
 書いてあるのが好きやわ。やっぱ気分なんかな@@;」

・・・。

頭でそのナンセンスさは分かっていても
なぜ、これほど「合成」に拒否感があるのか
自分で理由が付けられませんでした。

人にとって自然(植物)は
必ずしも優しいものとは限らないのに。

卵白洗顔でカサカサになった例

2egg

その昔、「卵白洗顔」を試した時
最初は「お、いいかも?」と思って

本の通り、朝晩やってると、その後
お肌がカサカサになったことが(T-T)

卵白は立派な「天然の」界面活性剤。

いくら天然のものでも
そして他人には合う使い方でも

自分に合うかどうかは全く別なんですよね。
当たり前ですけど・・

自然で危ない例は幾らでもある

グロリオサ

また例えば
ヒノキチオールは催奇性があるのにも関わらず

イメージ的に「自然の抗菌性で安心」とうたわれて
広く雑貨等に使われています。が、

毒性の高さゆえ、化粧品には使用制限があります。

私も少し前まで知らずに
蚊よけに使おうとしてましたしね(ーー;

>>「虫除けにヒバ油、ちょっと待って!ヒノキチオールには催奇性がある?」

極論ですが、自然に存在しているもので
毒性のあるものなんて、幾らでもあります。

>>「自然毒のリスクプロファイル」(厚生労働省)

ちなみに上は「食中毒」の分類ですけど
逆に「食べても大丈夫だけど、皮膚に付けたらダメ」
というモノもあります。

知らない・見えないことへの恐怖

risk

で。
現時点での結論としては

「知らない」から不安を覚え
「隠される」から疑心暗鬼になるのかな、と。

「人の手を加えていない、自然に存在している」
というだけで、何故か感じるこの安心感( ̄ー ̄)

なんでしょね。
ベースに横たわる、この不信感は。

選ぶという事は 誰かを信用すること

消費者である限り
私たちは、いずれかの時点で
誰かを「信用」しないといけません。
(小売店?販社?メーカー?原料生産者?)

有り難いことに
「きのみいさんがイイって言ってたから♪」と
お買い物される読者さんが沢山いらっしゃいます。

ただ、残念なことに

出来るだけ、情報の
一次ソースに触れたい私ですら
最終的に「???」で終わる事も多いです。

商品なら、根本から作ってる当事者でしか
知り得ない情報があります。

例えば「偽装」なんて良くある話だし(昨年は大暴露大会でしたね)

化粧品業界だって、合法だという理由で
キャリーオーバーまでは表示しないのが当たり前の世界。

どこまでも疑うことも出来るし
どこまでも信じることも出来る訳です。

今後の方針模索中

sorry_panda

今後は
「自然由来」「合成」に関わらず

どれほど効果を検証しているのか
 
   &
 
どれだけ安全性に気をつかっているのか
 
   &
 
どれだけ情報を公開しているのか

・・という姿勢にこそ、着目するべきなのかな、と。
(非常に難しいお題ではありますが)

とにかく、もう

耳障りのよい、広告のコピーだけに踊らされないように

「天然だから安心♪」なんて軽々しく口にしないように

激しく自戒を込めて(;_;)

関連記事

コメント

  1. コレは難しい問題ですね~。
    ちょっと前までは、大手だから安心、
    って思ってたけど、今はそうも言ってられないし・・・。
    どこかを信用しないと、何も使えなくなりそうです。

    きのみいさんは、それが『自然』だったってことですよね。
    う~ん、私はどうだろうなぁ・・・。
    特に使ってみて問題なければ?かなぁ。
    ってことは、私が信じてるのは自分の体?

      • きのみい
      • 2014年 1月 27日

      心姫さん♪

      >特に使ってみて問題なければ?かなぁ。
      >ってことは、私が信じてるのは自分の体?

      うん、実際に使ってみて大丈夫、合ってる!てのが
      一番いいですよね^ ^
      ただ、遅効性のアレルギーもあったりするので
      その点注意は必要ですが。

      美容家の方々などが、意図的に
      コスメを次々切り替えていくのは
      肌を慣れさせない、という目的のみならず
      そういうリスクも同時に避けてるのかな、と思ったりしてます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.6.22

オーガニックコスメは決して安全ではない。むしろ攻めのコスメだ

肌断食を選ぶまでは 一般的なケミカルコスメで合うものがなかなかなくて オーガニックコスメに安心感を求めていた、きのみいです …

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る