美肌菌バンクQ&Aと、私たちを守る皮膚のお話

bihadakin_bottle

常在菌、特に美肌菌が作り出す
「唯一の、自然のスキンケア作用」に
どれ程の価値があるか。

私たちが、生まれる前から
どの様に菌に守られていたか。

バイオジェノミクスの本多社長から
お聞きして、感じたことをシェアします。

スポンサードリンク

美肌菌の働きは保湿だけじゃない!
抗菌・弱酸性化・抗炎症・免疫応答も

美肌菌の働き

[note]美肌菌の働き

・保湿(保湿成分の産生)
・抗菌(抗菌物質の産生)
・弱酸性化(有機酸の産生)
・抗炎症作用
・免疫応答作用
[/note]
・・最後の「免疫応答作用」については
雑誌の論文概要を読ませて貰いましたが

皮膚の免疫細胞の働きに、
皮膚常在菌の出す信号が関わっているとか。

過剰な殺菌・消毒は、やはり
免疫を落とすと言って良いでしょうね。。

過剰な手洗いはご注意を!

誕生と同時に、バイオスキンケアが始まっている

Just after birth (Movie)
Just after birth (Movie) / K.k.K2009

[important]妊娠後期、産道の中は乳酸菌が増え
純粋培養状態になります。なぜ?

乳酸菌を赤ちゃんに与えるため、そして
分娩時の創傷感染からも、母子ともに守るため。

生まれてすぐ、私たちの肌は
「自然のバイオスキンケア」が始まっています。
[/important]
・・・確かに、臨月には
乳白色の、煮こごりの様なおりものが
たくさん出て、ビックリした記憶があります。

あと、産後すぐ(へその緒付けたまま)
胸に赤ちゃんを抱く「カンガルーケア」を思い出しました。

主に精神的なメリットを聞いていましたが
あの間、密着した肌と肌の間では
皮膚常在菌が移動していたんでしょね。

そう言えば、私がお世話になった助産院では
常識だと思ってた、乳首の消毒もなかったので

「えっ、消毒はしなくていいんですか?!@@;」と慌てると
「消毒液を舐めさせるのー?」と切り返され

う~む・・と考え込んだ覚えがあります。
(その頃はまだ湿潤療法の概念も知らなかった)

世界一優秀な、自前の「保湿クリーム」

皮膚科医学会によると
 ・4人に3人が乾燥肌
 ・3人に1人が敏感肌、という現状があります。が、

多くの肌トラブルは、保湿で解消されます。

[tip]<2つの自家保湿因子>

1)脂溶性保湿因子
  ・セラミド
  ・遊離脂肪酸
  ・コレステロール
 →全部がバランスよく合わさって「細胞間脂質」

2)水溶性保湿因子
 ・NMF(アミノ酸など天然保湿因子)
[/tip]
「例えば、世界で最高級の30万円の保湿クリームがあったとしても
自前の保湿クリームの方が、圧倒的にレベルが高いんですよ」by本多社長

角質層の不思議

角質層内にも、美肌菌は存在しています。

[note]0.02mm程度、サランラップ位の厚さしかない角質。
表皮細胞は、生まれて14日目で
角質層の一番下に来ます。

表皮細胞は、角質細胞になったとたんに
なんと「死んで」しまいます。

が、肌は死んでからが本番!!

10日間掛けて、分裂しつつ熟成されつつ
保湿因子を作り出し
最終的に垢として剥がれます(だいたい28日目)
[/note]
垢の両端がカールしているのは、若干乾燥しているから。

剥がれるのをシグナルとして、
細胞が1個剥がれると、基底層から1個生まれるんですよね。

「健康な肌が凸凹しない理由」がここにあります。

本当の肌はサラサラしている

[note]肌老化の一番の理由は
新しい肌が生まれない事。新陳代謝が不全であること。

肌が適度に乾燥していないと
はがれない=新しい細胞が生まれない。

健康な子供の皮膚を触ったら分かるが
「サラサラしているのが本当の肌」と言える。

じゃ、ピーリングは?というと
直後は良くても、熟成していない肌細胞が表面に出てしまい
重度の肌乾燥になる恐れも。
[/note]
・・・過度のピーリング等でトラブルになった方は
角質表面に、核が残っている若い細胞が確認されたり

要は
「ちゃんと細胞が死ねない=ターンオーバー不全」になるのが
問題だと言われていますね。

肌理(キメ)は肌の余裕?
自家保湿因子を作らせるのがバイオスキンケア

[note]新陳代謝が出来ないと
肌が薄くなります。

逆に、肌に厚みが出ると、波を打つ余裕ができて
その余裕が「肌理(きめ)」を作る皮丘と皮溝に。

美肌菌の働きによっても、新陳代謝が活性化します。
[/note]
そしてこんな言葉も。

[important]
一般化粧品は保湿成分を外から補う。

バイオスキンケアは自家保湿因子を作らせる様に、という発想
[/important]
「90歳になっても自家保湿因子は作られる」ってお話
なんだか嬉しくなります*^ ^*

表皮には血管もリンパ管も存在しない?

表皮には血管がない

[note]表皮には血管もリンパ管も存在しない。
「なぜ?」に答えられる人はまだいない。

ここで1つ
「血液ではまかないきれない為に
皮膚常在菌によって守らせたのではないか」という仮説が

真皮から染みでてくるものもあると思うが
血管がないというのはとても不思議。

美肌菌のみならず
皮膚常在菌によって守られているのではないか。
[/note]
「表皮には血管もリンパ管も存在しない」
そう言えば確かにそうかも@@;

・・・この話の前にあった、腸についての話題の中で
「どこから体内か?」という問いがあって

もしかしたら初めて
「腸内は、まだ体内とは言えない」ということに気づいたんですね。
栄養素は吸収されて、やっと体内に入ったと言える、と。

それと同じで

角質って、死んだ細胞でしょ。
それってもう、半分以上「わたしのカラダ」では無く、既に

「常在菌の、常在菌による、常在菌のための世界」なんじゃないかな、と。

菌が元気でいられる環境であって、初めて
私たちも元気でいられるんじゃないか、と。

やっぱり思っちゃう訳です。

美肌菌バンクプロジェクトQ&A

bihadakin_bottle3

Q:開発で苦労した点は?
A:厚生労働省で「化粧品」認可を受けるまで。

仮死状態とは言え
世界で初めての「生きた菌」の化粧品なので

新しいカテゴリであり
何かしら法律上の問題があるといけないので
慎重にならざるを得なかった。

Q:なぜ郵送でやり取りしないの?
A:バンク登録なので
 本当にその人のものかどうかも大事

 過去はシートで摂取し、送って貰った事もあるが
 今は綿棒を使った「dekio法」を採用し
 代理店等を経由して採取している。

 本格稼働は、来春4月以降の予定。

Q:採れない人もいるとか?
A:実は、社長自身も最初は採れなかった

 採取日だということを忘れていて
 朝、水で顔を洗ってタオルでゴシゴシ拭いてたら、採取できず。
 2回めも忘れていて、3回目でようやく採取^ ^;

 最終洗顔後、出来れば12時間はあけて欲しい。

Q:なぜおでこから?
A:半年ほど、色々試行錯誤した結果。

 汗から採れるのでは?と
 大村市のトレーニングルームを
 貸し切りにして、汗をビニールで採取してみた事もある
 (汗は抗菌物質が結構入っていて、全滅だった)

Q:美肌菌の戻し方は?
A:専用のジェルに混ぜて使う。

 1回分、約13億個(匹)の美肌菌を
 寝る前に戻す。これを週に2回。

Q:今後の展開は?
A:美肌菌の生産物質で作られた、美肌菌エキス
 「マイクロフローラエッセンス」を考えている

Q:メディアへの露出は?
A:フレグランスジャーナル12月
 (12/16発売)の招待論文に。

 最新の保湿の特集で、1番目に載るらしい。
 今、野嶽先生が和文に直してるところ。

 12月5日には東京でプレスリリースも。

・・・本多社長、お忙しい中
色々とお教え頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

次回は
「長崎国際大学・野嶽先生にお話を伺う」の予定です^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2013.8.7

老けない人はやめている

アンチエイジング本は数多ありますが これは結構、初耳の内容も多く、付箋貼りまくり。 パラパラとページをめくるだけでも 「え…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る