気になるあのキレイな人が食べてる「甘いオヤツ」は?

cake_and_drink

美肌でありたいと願いつつ
美味しいお菓子も食べたい
・・多くの女性はそうですよね(T-T)

私にとっても
お菓子や甘味料って、一大テーマなんです。

そうだ、世の美しいお姉さま方は
一体なにを食べてるんだろ?もしくは食べてないのか?

軽く調べてみたので、話のネタにどぞ。

スポンサードリンク

美魔女属性の方々の場合

美魔女ビューティ 20歳若返る魔法のメソッド

美魔女として有名な方のお名前と
「おやつ」「お菓子」等で
ざっと検索してみました。

水谷雅子さんは、お菓子作りが趣味らしく
砂糖使って作ったケーキ等の写真を
ばんばんブログに出しててビックリ@@;

ただ、果物はヨーグルトと一緒に食べ
結果として果糖の糖化スピードを緩めている様子。

(余談だけど彼女、睡眠時間4時間以下とか・・?
それでこのお肌って、もはや「魔女」ですね@@;)

山田佳子さんは、昔ちらっと見た本の中で
昆布やナッツを常備してる・・って読んだ気がするけど

ブログで見た範囲では、結構普通にパン系の
スイーツも食されてる模様。ふむ。

もちろん量は余り多くないんだろうけど
それほど糖化に神経質ではないのかな、と。

伊藤まり子教授の場合

まり子先生1

40年間変わらぬ美貌を維持している
「サクセスフル・エイジング」提唱のまり子先生

もちろん、糖化についてもご存知で
甘味料は羅漢果を推奨。

どうしてもたっぷり甘いモノが食べたい場合は
あずきを煮て、オリゴ糖をかけるらしい。

「添加物の心配もなく、抗酸化作用のある小豆のサポニンと、腸をキレイにしてくれるオリゴ糖が合体した美容おやつの完成です」

「まり子教授のサクセスフル・エイジング講座」より

・・読み直してたら食べたくなって
ただいまアズキ、茹で中です^ ^;(影響受けやすい)

ダイエットカウンセラー伊藤友美先生の場合

40歳から

雑誌で水着姿を公開するなど
若々しいお身体の伊達先生。

この方はアンチ炭水化物ダイエットで
「痩せる為にもお米を食べなさい!」という派ですが

「血糖値を急激に上げない」という点は大前提です。

「私も、スイーツはときどき食べますが、甘いものだけにならないようにしています。
 
たとえば、フルーツ入りのケーキにしたり、オメガ3の油を含むクルミを一緒に食べたり、豆乳や抹茶を一緒に飲んだり・・」

他に

(飴を食べるなら人工甘味料より)「黒糖やはちみつ100%のものを」
 
「アイスクリームも、高脂肪なものは意外に血糖値を上げません」
 
「スイーツは食事全体の10%を超えない量に」

・・など、「え、いいの?」と思うくらい
甘ーいお言葉が。。まあコレは、ダイエット本なので
美肌追求とはまた違うのですが

少々ユルイのは、「食べたいものを我慢する」と
過剰なストレスになるので、その対策だと思います。

世界一の美女を育てるエリカ・アンギャルさんの場合

世界一の美女diet

ミス・ユニバースのファイナリスト養成で
栄養コンサルタントとして有名なエリカ・アンギャルさん。

「世界一の美女になるダイエット」という本は
「賢く食べて美しくなりましょう」という内容。

「何か甘いものを食べたいと思ったときは、ドライフルーツとカカオ70パーセント以上のダークチョコレートを。

どちらも抗酸化物質と食物繊維が豊富で、血糖値も上がりにくいものです。

ナッツとドライフルーツの組み合わせは腹もちもいいので、おすすめです。」

・・・以前、オーガスト・ハーゲスハイマーさんの
「老けない人はやめている」を読んだら

「甘いモノは摂らない」という話で
「えーそれはキツイな(ーー;」と
困ってしまいましたが

エリカ・アンギャルさんは
「ホルモンのせいで、女性は
甘いモノが食べたくなる時もある」という
大前提で書かれてるので、非常に耳に優しい^ ^

ただ、ドライフルーツの中には
糖質が多いものもあるので、注意が必要かとは思います。

アンチエイジングの鬼 勝田小百合さんの場合

アンチエイジングの鬼

さて、もはや言わずもがなの
アンチエイジングのお手本、鬼さん。

以前、どこかで
お子さんに砂糖を全く摂取させてないというのを読んで

「うーわー理想的だけど真似できんOrz」と
その徹底ぶりの前に、我が身を恥じたものですが・・

ブログで「鬼的大丈夫お菓子認定」を受けてたのが
コレとか

有機ドライアップルとか
(体内セシウムをりんごペクチンで吸着するらしい?)

あとは、ご自身のブランド
「アムリターラ」のローチョコレートとか

ローチョコ、小さいの2つで500円以上なので
それはそれは立派なお値段ですが^ ^;

我が家を振り返ってみると・・

糖化が気になりつつ
結構ゆるゆるなきのみい家。

白砂糖こそ何年も使ってないけど
てんさい糖入りパンケーキは家族のお気に入りだし
(大量の米ぬか投入で、せめてもの抵抗・・見かけは残念!)

おせんべいとかクッキーを
「このメーカーはトランス脂肪酸オフだったよね」とか
言いながら、その辺のお店で買ったり

パパが勝手にポテチとか
ドーナツとか買ってきたら、子供ら大喜びだし(ーー;

たまの外食時は、何にも言わず好きなモノを食べさせるし
はい、ユルユルですm(_ _)m

でも、おキレイな方が全員
ストイックに甘味制限してる訳じゃないんだなーと
分かって、少しホッとしたり^ ^;

イヤ、元が元なだけに
もちょっと頑張れよ自分・・と思ったり。

チョコレートが食べたい時は

チョコレート効果

ちなみに私、チョコレート好きでして
ポリフェノール摂る為にも、と
最近はこーゆーのを食べてますが、結構イケます。

本当なら「カカオ95%」の方が良いのですが
前食べたら、とても苦かった覚えがあるので^ ^;

86%なら苦味もあるけど甘みもあって
「チョコ食べた!」感がありました。

本当は、砂糖も不使用の
オーガニックな「ローチョコレート」が一番だろうけど
お高目なので、日常用としては手が出ません@@;

そう言えばチョコって、原料一覧に
カカオより砂糖が先に書かれてあるようなのを食べると
たくさん食べたくなるんですよね。
不思議ですが、砂糖の中毒性なんでしょうか・・

カカオマスの割合が多いと、1,2個で十分満足出来たりします。
あとは必ず、糖化を防ぐアーモンド他、ナッツも食べます。

余談:希少糖入り商品を買ってみたけど

希少糖割り下

(もうほとんど残ってなくてスミマセン苦笑)

最近流行りの「希少糖」。
血糖値を抑える、D-プシコースが含まれてます。

肉屋さんで偶然見かけて、思わず買ってみたけど
この商品自体は砂糖も入ってるし、うーん??という感じでした。

楽天見てたら
希少糖入りの「レアシュガースウィート」が
軒並み品切れですね。テレビの影響ってこあい@@;

・・・ただ、いくら希少糖入ってても

商品によってはブドウ糖や果糖も一緒だったりするので
割合によっては結局、摂り過ぎ注意かと。

最後は話が飛んだかな、スイマセン。
甘味料も大事なテーマではあるので、また追々!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.6.22

オーガニックコスメは決して安全ではない。むしろ攻めのコスメだ

肌断食を選ぶまでは 一般的なケミカルコスメで合うものがなかなかなくて オーガニックコスメに安心感を求めていた、きのみいです …

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る