これはもう美魔女ならぬ魔女?!「女医が教える老化を止める美肌術」

美魔女医本

これ、表紙がすごいでしょ。題名が面白そうで、図書館で予約してた本なんですけど。
実物先に見てたら、なんか怪しすぎて、読んでなかったかも知れない(ーー;

でも、章扉の自然体なショットなどは、確かにすんごくお綺麗でしたよ!!
書いてる中身もふつー。怪しくはありませんでした。
但し「メスを入れることもなく」とありますが、「注射針」は入ってるようですね・・・

スポンサードリンク

整形手術ナシったって、色々してらっしゃいます

美魔女医本2

まずサブタイトルすごい。
「60歳 驚異の美肌 整形手術なし」

帯がまた凄い。
「60歳!この美しさ、奇跡ではありません」
「メスをいれることなく、すぐに始められる、簡単美肌習慣」
「あなたもエイジレス美女に」・・・だって。

ご自身もブログで「美魔女医」を名乗っておられます。そのまんまや。

この本を読んで、分かったこと

・整形手術じゃなく注射で、相当の見た目若返りは可能

その後、少しネットで調べて、分かったこと。

・ヒアルロン酸注射、ボトックス注射などは、何万円もするので安価ではない
・注射後、何ヶ月も持つと言われているが、すぐに戻ったり、逆に違和感が残ったりする場合もある
・ボトックスもヒアルロン酸も最終的には吸収されてしまうので、何度も繰り返し打つ必要がある

・・・とっても魅力的な「シワ取り」効果のある、美容皮膚科の施術。
もう、どうしても、このほうれい線をなんとかしたい!!等と思われる方は
もしかすると数万円で世界が変わるかもしれないし、変わらないかも知れません。。

とは言え、参考になることも沢山

目次や内容から、面白かった一文を抜粋

・アンチエイジング=オプティマルヘルス(その年齢での最高の健康)
・精神と皮膚は同じ場所から発生した
・鏡を見ながら「パーフェクト」とつぶやく
・「ダイエット」は「生き方」という意味
・デブは栄養失調。痩せるためには食べること
・腸にも脳がある

あとね、知らなかったんですが

唾液には「パロチン」という成長ホルモンの一種が含まれていて
骨や筋肉の老化を遅らせるんですって。

唾液には、EGF(表皮内細胞の成長因子)も含まれていて
動物が傷をなめるのは唾液中のEGFで皮膚を再生するんだとか。ほほー!

一つ前の記事に「ダイエットには良く噛むこと」と書きましたが
ダイエットどころじゃないな。よく噛むのは健康にマストですな。

ちなみに、この著者さんは「ガムは美アイテム」と。
美容の為にガムを噛むっていうのは、初耳で面白かったです。
使用されてる甘味料とか、ガムの成分には気をつけたいところですが。。

初心者向けの、美容医療紹介

あとはね、美容医療のイロハをざっくり教えてくれましたよ。

・イオン導入、ピーリングは入門編
・シワにはフィラー(充填剤)
・たるみには金糸リフト

・・・その他、各種レーザー。超音波、ハロゲン光、赤外線などの医療機器。
中には筋膜を焼いて収縮させ、たるみを取るものまで!!筋膜焼くって?!@@;

注射にも色々あって

・美肌注射(ビタミンやプラセンタ)
・疲労回復注射(にんにく=アリシン)
・二日酔い回復注射(グルタチオン、ビタミンB1、2、6等)
・代謝改善注射(ダイエット注射・・Lカルニチン、αリポ酸、ビタミンB群等)
・つや髪注射(ビオチン)
・デトックス注射(αリポ酸、グルタチオン等)

あと、やっぱりいちばん熱いのが「再生医療」らしく。
自分の太ももの脂肪などから取り出した幹細胞を
顔のシワなどに注入するとか・・ただしまだとてもお高い。

普段「ずぼら美肌」とか言ってる私としましては
まあ、目を白黒させながら読みましたですよ。ハイ。

なるほどなぁと思ったのはやはり
「最後まで女性として生きる」「男性化しない」という姿勢。

セクシーなアラビアン体操で体幹を鍛えつつ
女性ホルモンを維持するために、自分の気分をアゲる努力を惜しまないというか。
ヒールを履き続け、ペディキュアも欠かさない60歳。エライなあ!
ヒールっていう時点で、私、もうムリなんですけど(><)

健康的な生活習慣を身につけた上で
色々医療の力を借りれば、こんなにキレイな60歳もあり得る、という
夢のある(?逆に無い?)お話でした^^;

関連記事

コメント

  1. 60歳なの?凄いけど、怖い!
    ガムでダイエットとかは、たまに聞きますよ。
    食欲が抑えられるらしいです。
    歳をとっても気を抜かない、気持ちは見習いたいですね。

      • kinomii
      • 2013年 5月 27日

      心姫さん♪

      >60歳なの?凄いけど、怖い!

      やっぱり?だよねー^^;
      中のスナップ写真は、そうでも無かったんだけどね、
      どうしてあの表紙写真にされたのか、謎ですわ(ーー;
      ホント、若さを諦めない意識は大事だね!どこまで開き直るか、かな?!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.5.21

iHerbで買ったトランス脂肪酸ゼロポテチやローフードバーが美味しかった件

今日はちょっと目に毒な? オヤツの写真が続きますよー 私としたことが なんと、ポテチ等に心を奪われてしまい 思わずリピー…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る