いきなりノーファンデは辛い?せめてミネラルファンデーションに!

ちょっと前、珍しく
若い(しかも超美人な!)お嬢さん方とお話する機会がありまして^ ^

せっかく、まだ元気な肌なのに
わざわざファンデーション塗って
しかも、落とす時はW洗顔してるという話を聞き

思わず
「もったいない!!!!!!」と叫んでしまいました、きのみいです^ ^;

で、「私、絶対うっとうしいオバサンだったなー・・Orz」と反省してたら

意外にも翌日から、「ずぼら美肌」を目指すべく
ノーファンデーションを決行されたそうで@@;

ただ、
「今は正直、シミや毛穴が気になります(T-T)」とのこと。ふむむ。

お仕事のご都合もあると思うので
「ノーファンデーション化・第一段階」として、まずは
「ミネラルファンデーションへの移行」を提案してみますね。

スポンサードリンク

ミネラルファンデーションがオススメな理由

まず、お嬢さん達のお話を聞いて、「うう~ん」と思ったのが
クレンジングと洗顔の「W洗顔」をしているという点。

洗浄成分の刺激や摩擦による
「シミ・シワ・たるみ・目の下のクマ」が心配です。

「そもそもクレンジング不要のメイクすりゃいいじゃん?」と思いきや

あんまりミネラル系をご存知ではないらしく。
まだまだ、一般的じゃないのかな?

私はここ数年、写真館や同窓会に行く等
ある程度しっかりメイクの日でも
「ミネラルファンデーション」&「ミネラルメイク」です。

お化粧しない方が肌はラクですが、どうしてもせざるを得ないなら
メイクオフしやすく、肌への負荷も軽い
ミネラルメイクが基本かと思っています。

石けんでも落とせるミネラルファンデーション

2年ほど前、「石けんで落とせる」「国産」という条件で
探し試したのが

・ヤーマンのオンリーミネラルファンデーション
 
・エトヴォスのディアミネラルファンデーション
 
・フルフリのMMU PROJ. 

の3つでした。

他のメーカーさんには
「ミネラルファンデだから肌に優しい♪」とうたいつつも

シリコン使用で、クレンジングしなきゃダメだったり
成分的にビミョーだなあと思うところもありました。

エトヴォス「マットスムースミネラルファンデーション」



去年、さんざんお世話になったのが
エトヴォスの「マットスムースミネラルファンデーション

(これを初体験したのが、私がモデルになったメイクセミナーでした)

パウダーで薄付きなんだけど、毛穴が見事にツルンで
肌の質感がすべすべになります。「陶器肌」というコピーがぴったり。

個人的には、それまで使ってた、透明感&ツヤタイプの
「ディアミネラルファンデーション」より、ググっと使いやすくなりました。

ただ、パウダーなので
下地やブラシの使い方など、多少コツが要るのは確かです。
慣れないうちは、粉が飛び散ったりします(苦笑)

>>ミネラルファンデーション スターターキット

エトヴォス「タイムレスミネラルファンデーション」

タイムレスミネラルファンデーション

コレ、私自身は持っていないのですが

複数のお友達が、その使用感と使い勝手を絶賛していて
実際カバー力の良さは、確認しています。

ケミカルファンデから移行するなら、一番ハードルが低そう。

パウダータイプが一番肌に負担が少ない、と言われますが

どうしても粉が飛び散ったり、取り扱いにコツが要るので
それが心配な方は、プレストタイプも選択肢としてはありかと。

マットスムースミネラルファンデーション以上に
カバー力があり、ふんわりマットな質感です。

リキッドタイプの新作も

エトヴォスのファンデーションは現在4種類。

参考:「ミネラルファンデーション比較表」

(ページ中程にある「比較表」が分かりやすいです)

ちなみに、ナノ粒子は不使用。

また
アンチエイジングの鬼」の読者さんなど
神経質な方が気にされやすい
”酸化チタンのコーティング”については
こちらのページが詳しいです。

>>Q:酸化チタンはコーティングされていますか?

トゥヴェール「ミネラルパウダリーファンデーション」

tvert

今ちょうど、手元にあるのが
トゥヴェールの「ミネラルパウダリーファンデーション」

成分を見る限りでは、セラミド以外にもシロキクラゲ多糖体等々
「美容液並に保湿するファンデ」という感じ。毛穴カバー力も十分。

・・実はもう、
ファンデーションのモニターは受けないつもりで
ずっとお断りしてたんです。

滅多に使わない為、頂いても
ぜんぜん使い切れずモッタイナイので(ーー;

でもまだ、ミネラルファンデをご存知ない方がいると
知ったタイミングで、こちらの案内があったので
ご縁かなーと思い、最近お受けしました。けっこう良さげです。

これもまた、ミネラルファンデーションを選ぶ
材料の1つになればいいな、と。近々レビューしますね^ ^

>>トゥヴェール・ミネラルパウダリーファンデーション

ヤーマン「オンリーミネラル」

一番最初に、店頭でテスターを使ったのが「オンリーミネラル」でした。

まったく刺激もなく、肌にも赤みなど出ず
薄付きだけどキレイになったので
無難なミネラルファンデーションデビューでした。

ただ、かなりお得感の高いエトヴォスの
ミネラルファンデーション スターターキットと比べると
お値段が少々お高めで、結局購入には至らず。

今もホームページ見てたら、欲しくなるんですけどね。
ミネラルエアーとか、すんごく面白そう!と思いつつ・・

フルフリ「ミネラルファンデーションMMU PROJ.」

フルフリのミネラルファンデはちょっと面白いのですが

「せっかく色々無添加なのに、敢えて
必要無い成分を足してまで、微々たる酸化への対策しなくても?」

・・という考えなので、ノンコーティングなんです。

>>ミネラルファンデーションのコーティングについて(フルフリお手紙ブログ)

酸化チタンは、活性酸素の発生量が多いアナターゼ型、
そして顔料として化粧品にも使われるルチル型の2種類があります。

工業用のもので、外壁などに使われるものは、前者のアナターゼ型。
種類も性質も違うのです。

そもそもナノ化された様な小さな二酸化チタンですと、活性酸素を作りやすいのですが、
当店で使用しているようなナノ化されていない大きな粒子の物ですとそのリスクはありません。
二酸化チタン★週刊・コスメ成分ちゃん Vol.5より)

実際、ノンコーティング酸化チタンの
酸化による悪影響があるか?は、私が付けても分からず@@;
(実験では差が出なかったという噂も聞きますしね・・)

「出来るだけ余計なものを入れたくない!シンプル万歳ヽ(^ ^)ノ」
という方に向いていると思います。

サンプルを少量ずつ、好みで混ぜて
化粧水やオイルなどと混ぜてリキッド化して使うのもオススメ。
薄付きだけどマットな質感です。

参考:ファンデーションの使い方あれこれ

>>ミネラルファンデーション MMU PROJ.

まとめ

ノーファンデが理想だけど
手始めにマシなファンデに切り替えて
肌質改善を目指すなら・・というお話でした。

つけてる間の負荷と
落とす時の負荷が軽くなれば
 
肌はきっと、今より元気になる

・・・と思います。

次は、ポイントメイクアイテムの予定です^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.6.18

グルテンフリーダイエット・・その不調、小麦グルテンのせいかも?

「グルテンフリー」という言葉 最近、良く耳にしませんか? 以前、「お麩がお肌の弾力に良いらしい」という 記事を書いた時、小…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る