ウルトラ蒸しショウガ、作ってみました。が・・・

あさイチで取り上げられた、超身体を温めてくれてダイエットにも良いという
「ウルトラ蒸しショウガ」、さっそく作ってみました。
3日後

スポンサードリンク

関連記事>>
  ウルトラ蒸しショウガで冷えとり&ダイエット!乾姜の作り方~あさイチ

蒸し器が無ければ大きな鍋で

まず、皮のまま
繊維のラインに出来るだけそって包丁を入れます。

スライス

それでも、けっこう毛羽立ってしまうカケラが続出。ありゃ?

鍋

うちで一番大きい鍋は圧力鍋なのですが
「圧力鍋は100℃超えるし風味も悪くなる」という話なので
フタはせず、水滴対策でキッチンペーパーを敷いて&フタに挟んで。

鍋蒸し後

最初は確かに、レモンのようなかおり。
30分経っても・・・まだ柑橘系の匂いがするので
10分ほど足しました。一応色が黒っぽくなったので、終了。

※後で考えると、「お芋のような甘い匂い」ではなかったので
 蒸す時間が少し足りなかったかも知れません。

蒸篭(せいろ)がほしい・・

パール金属  和の里 中華せいろ 21cm H-5714

うーん、ちょっと無理がありました。面積が足りないし
水滴がポタポタ落ちてしまう。蒸し布の方が良かったな。

いつもは小さい皿や落し蓋を組み合わせて、適当に蒸すんですけど。
調べたら、やっぱり蒸篭(せいろ)が一番おいしく蒸しあがるみたいですね。

100均でも小さな蒸篭は売ってますが
「重ならないように並べる」には小さすぎてムリ。

憧れのせいろ。買おうかなー・・・
蒸し野菜、簡単に出来るしね。

電子レンジ使ったシリコンスチーマーとかは、手軽だけど
たんぱく質が変質するのが気になるので。やっぱせいろの方がいいです。

TVでチラッとやってたの見ましたが
野菜の50℃洗いと低温蒸しも、ちょっと気になってたので。
杉のせいろでも出来るのかな?温度管理が知りたいところです。

室内でも3日位でパキパキに

天日だと1日で済むらしいですが
季節柄、なかなか一日中快晴ってのは難しいかもですね。

屋内でも、乾燥していて、更にヒーターを使っているからか
1週間と言われてたところを、意外と早く乾いてくれました。

一日後
1日後

三日後
3日後

そのままでかじると、「辛っ」と思います。が
食べられない辛さでもありません。少しずつならポリポリいけます。

紅茶に入れてみた&鍋で食べてみた

カップイン

乾いたのをそのままでも食べられますが
せっかく番組でオススメされてた「紅茶」に入れてみました。このくらい。

紅茶

紅茶を注ぐと、一旦乾いてたショウガがふやけて、大きくなり
なんだかフニャフニャで、逆に食べづらくなってしまいました・・・
食べましたけど・・・

紅茶に溶け出した成分だけを飲む、と割り切れば良いのかもですが
なんだか、もったいなくって(--; がじがじ

一方、試しに
お鍋の具をよそったお皿に入れてみたら、けっこう美味しかったです。
(子供が苦手そうなので、鍋自体には入れられず)

元々、おでん食べる時に
すりおろしたショウガを入れたりもするので、違和感ないのかも。

あ、余談ですが
「おでんにショウガ醤油」って
兵庫県姫路近辺のおでんの食べ方らしいですけど
カラシとはまた違った風味で、おいしいですよーオススメ。

作って、食べてみた感想「めんどくさい」

ウルトラ蒸しショウガを食して
「すごく温まった!」という体感は、残念ながら分かりませんでした。

今日は、比較的室内が暖かかったからかな?量が少なかったかな?
鍋本体にたっぷり入れたら、きっと効果倍増だと思います。

とにかく、脂肪燃焼が早くなるらしいので
ダイエット中のパパさんが
筋トレする前とかに、ひとかけ食べさせてみようと思います。

今から「ええ~っ!」って嫌がられてますけど(笑)ショウガ苦手なのね・・

ウルトラ蒸しショウガを作ってみての感想は
ちょと面倒くさいなあ・・というのが正直なところ。

時間が掛かる割に、一度に作れる量が少ないんですよね。
大き目のせいろで、何段も大量に作って
冷凍保存とか出来るといいかも知れないけど。

「せいろとか蒸し器で30分とか、ムリ!」てな感じの方には
漢方の乾姜や、市販の乾姜パウダーをご利用下さい。

★追記★オススメ蒸し生姜パウダー

ちなみに今年、我が家で使ってるパウダータイプ
何にでも掛けまくってる割に、けっこう持つのでコスパ良いです

・・多分もう、自分では作りません(ーー;

>>純国産蒸しショウガパウダーを利用して冷えとり日和ちう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.1.7

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学

ずぼら美肌的オススメ図書でもあります 「傷はぜったい消毒するな」の著者でもある 湿潤療法の第一人者、夏井睦さんのご本。 余…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る