アトピーやアレルギー、抗がん剤使用の方へ。乳酸菌醗酵物質という選択肢

乳醐3

「乳醐(ニュウゴ)」という、乳酸菌ならぬ
「乳酸菌醗酵物質」を試しています、きのみいです。

関連記事:「化粧水に乳酸菌?乳酸菌醗酵物質サプリメント乳醐[ニュウゴ]」

今この時期も、体調不良になると症状が出てしまう、花粉症持ちですが
不意に来る鼻水や喉の痛痒さが、今は収まっています。

※2014年、「醍醐」から「乳醐」に名称が変わったそうです

スポンサードリンク

アレルギーだけじゃなくアトピー肌にも?刷り込む?!

醍醐化粧水

飲むだけでなく、肌にも「化粧水」として使う方法を前記事で紹介しましたが
他にも、アトピー性皮膚炎の場合は

・そのまま直接すりこんだり
・水に溶かしたのを肌につけたり
・浴槽に1-2包溶かして入浴剤として使う

・・・というのがオススメのようです。
中にはワセリンに混ぜて使って、痒みが収まったという人も

乳醐のワセリンクリームは分かるような気がしますが
アトピー皮膚炎の状態で、肌に直接すりこむのは、痛くないのか???と素朴な疑問・・

それに、みんなの肌潤糖みたいに、せめて少し水で溶かした状態じゃないと
ポロポロ落ちちゃうんではないかと想像してしまいました。

私も、鼻水を何回もかんだ後で、少し肌荒れしていた鼻の下に
薄く水で溶かした乳醐を付けてみましたが
レモンの匂いはしっかりしてるけど、しみて痛いということは意外にもありませんでした。

抗癌剤の副作用緩和にと飲む方も

醍醐粉末

また、実は
ここが一番気になったのですが

抗がん剤治療で、どうしても白血球の値が下がってしまう方が
注射で白血球を増やす対応していたところ

「乳醐を飲み出して1ヶ月で、白血球の数値が下がらず
逆に少し上がって来た」という例を聞きました。注射要らずになったそうです。

腸内細菌の環境の状態によって
栄養豊富な良い血が作れるかどうかが決まり、身体が作られるので
当然と言えば当然の結果なのでしょうが

想像以上に、色んな事例があるようです

・胃の腫瘍
・ガンの激痛
・眼底出血
・気管支喘息
・長年の偏頭痛
・抜け毛
・花粉症

・・・などなど、多岐にわたってお客さまから報告があったらしく
ウソじゃないかと疑いたくなる凄さ。。本当だったら凄い。

他にも

・アレルギー性のぜんそく、じんましん
・胆こう炎
・急性腎う炎
・糖尿病
・更年期障害
・肺がん
・肝硬変

などについての飲用事例があるようでした。
(薬事法の関係で、サイトには載せられない内容も)

>>ご愛飲者様の生の声

ガンと対峙されていて
抗がん剤による副作用で苦しみながら、綱渡りをしている方の
助けになるのではないかと、かすかに期待を持ってしまいました。

ガン闘病の話を聞いて

yellow_rose

実は、醍醐を飲み出してから
ガンで闘病中の方のお話や、亡くなられた方のお話を
伺ったり目にすることが幾つも重なりまして。

ガンはとても多い病気だし、たまたまにせよ
これまでしばらくの間、全く耳にしてなかった
辛い状況を突然意識するようになって
自分にも何か出来る事はないのかと本気で問うたのですが・・・何もありませんでした

ただ、自分が知っている、当然と思っている情報でも
まだ知らない人がいるなら、発信し続けることで
もしかして誰かの役に立つかも知れない、と。

今更、恥ずかしがったり、力の出し惜しみをしたり
そんな事をしている場合ではない、ということを強く感じました

腸内環境(要は常在菌バランス)を整えるのが
美肌に限らず、体質改善の一番の近道であると私は思っています

一つの選択肢として、覚えておいて頂ければ幸いです。

>>乳酸菌醗酵物質サプリメント~乳醐[ニュウゴ]~

関連記事

コメント

  1. なんだか凄い効果がうたわれてますが、
    ここまで凄いと疑いたくなる悲しい性・・・。

    しかし、アレルギー鼻炎に1年中悩まされている私、
    ぜんそく気味の息子、花粉症の旦那・・・。
    気になるのは確かですね。
    しかも旦那の家系はがん家系。

    ただ、毎日飲むには値段がちょっと。
    考えさせられる値段だなぁ。

      • kinomii
      • 2013年 4月 17日

      心姫さん♪

      > ここまで凄いと疑いたくなる悲しい性・・・。

      私もですー!!!
      逆に、もうちょっと控えめであって欲しいくらい(苦笑)

      でもお客さんの方から
      「アレに効いた、コレにも効いた」と報告されるのを受けて
      お店の方が後付けしてる感じみたいでした。

      > しかも旦那の家系はがん家系。
      >ただ、毎日飲むには値段がちょっと。 考えさせられる値段だなぁ。

      うんうん。家族全員で毎日となると、かなりするよね(ーー;
      将来、もしも誰かが切羽詰まって困ってるのを見たら
      こんな選択肢もあったなーって思い出して貰えたら嬉しいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.1.7

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学

ずぼら美肌的オススメ図書でもあります 「傷はぜったい消毒するな」の著者でもある 湿潤療法の第一人者、夏井睦さんのご本。 余…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る