まり子教授のサクセスフル・エイジング講座

まり子先生1

図書館の新刊案内で見かけた一冊。

「62歳」と書かれた表紙の女性は
とてもそんなお年には見えず@@;

高齢者福祉分野の大学院教授らしい
彼女ならではのエッセーは、写真やイラスト満載で
かるーく読んでしまいました。読書メモ。

スポンサードリンク

40年間変わらぬ体型がすごい

リトル・マーメイド ― オリナル・サウンド・トラック (英語版)

最初っから最後まで
まり子先生の全身写真だらけなんですが

20代と同じ服を着てみたら
今のほうが綺麗に見えるというこの不思議。

バストDカップ、体重42kg、
ウエスト57cmだって。凄まじい60代だな@@;

体重やウエストはともかく
バストが落ちないってどういうことよ?!

・・そんな私の為に
「人魚姫ポーズ」というのがオススメされてました。

「バスタブのふちに腕をのせ、あごをあげて大きく胸を反ったポーズのまま、100まで数えます。すると、背筋と胸筋がきたえられ、バストアップ効果も!」

なるほどなー。ほっといたら背中丸くなりがちだし
今夜からやってみよー

チャレンジ精神がすごい

まり子先生2

この方、専業主婦から37歳で大学院に入って

アメリカで老年学(日本で言う
抗加齢学みたいなものかな?)を学んで

58歳で博士号、ですって。
遅咲き&美人すぎて、そうとう異端みたいですね^ ^;

でもご本人はあんまり歳の事を気にしてないみたい。

「いつまでも成長できる・美しくいられる」という
セルフイメージを強くお持ちで

その考え方を
「サクセスフル・エイジング」と名づけています。

自分LOVEがすごい

まり子先生3

アマゾンの口コミレビューで
「自分が自分を好きじゃないとだめなんですね。」と書かれたのがあって

「そうそう、まず、そこだよね」と
思わず吹いてしまったんですが^ ^;

実は、本を読んでて
文字通り目が丸くなった所がありまして。

まり子先生は「まり子体操」というものを考案して
朝晩欠かさず「心を込めて(!)」行うらしいのですが

それが全て「まり子」「まり子」と
「まり子」を連呼しながらなんですわ(ーー;

「自分の名前を言いながら行うので、自分を応援するような気持ちになれます」

あー、だから私だったら
「き・の・みい」「き・の・みい」ってか・・・ひえー (〃ノωノ)ハズカチィ

でもコレね。

毎日当たり前のように「心を込めて」出来る様になったら
相当、自分の身体や心が喜ぶだろなぁと。

NHKの「ほっとイブニング」という番組でも
紹介されて好評だったそうです。

お手本にしたい人を見つけたい

rose_white

近頃、アンチエイジングを超えて
「幸せなエイジング」に興味があって

「美しい生き方」「美しい死に方」に目が行きます。

この方も、自分で納得の行く
エイジングを叶えられている1つのモデルですね。

私も人生後半戦(?)に入りまして

今後、10年・・20年・・30年・・
平均年齢まで生きるとすると、40年以上(!)もあるわけで。

どんな風に歳を重ねていくか、イメージするのに
先人の知恵を借りるべく、随時インプットしていきたいと思います^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.6.7

外がよく見える超最強UVカットシート貼った!これでカーテン開けられる・・

部屋の中でも、紫外線が気になるきのみいです。 肌を、ムダに劣化させたくないので・・(><) 今まで、窓に貼るタイプの紫外線カ…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る