きのみい的ずぼら美肌術-紫外線を諦めない、常在菌を無視しない

カモミール花

先日、お友達とお話している時に
お洗濯の仕方、車の運転スタイルなど
ことごとく「えっ?!」と聞き返される場面がありまして

今の自分の「当たり前」は
世間一般の「当たり前」とは違うのね、と@@;

確かに私自身も、数年前とは
かなり生活スタイルが変わってしまいました。

「こんな(変な)人もいるんだー」と
参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

洗濯物は室内でセット、外に出るのは一瞬だけ

パール金属 サステイン ステンレス製 角型物干しハンガー20ピンチ H-8757

洗濯物は、基本的に家の中で
ハンガーやらタコの足やらに掛けておいて

一気にまとめて、外の洗濯物干しに出します。
洗濯物で外に出ている時間は、1分も無いかと。

もちろんその間、帽子は必須。
フェイスマスクやアームカバー(UV手袋)は状況に応じて。

車の運転時はガッチャマン帽子とフェイスマスク

UVカットサンバイザー

UVカットサンバイザーは
きのみい的に、ずぼら美肌のマストアイテムなのですが

「どこ見てるか分かりにくい」「危ない」と
余り好意的ではない意見も良く聞きます。

そういう話の流れの中で
「確かに自転車だと、(行動が)予測しにくいかもね。
私は車だから大丈夫だろけど・・」と言うと

数人から「車で?!」と
突っ込まれ、たじろぎました。

そんなに変?(・・;)
車はウィンカーが出るから、だいじょぶよね?

私はさらに、フェイスオンワンピ首元ガードなど
フェイスマスクを付けてるので、なんかもう麻痺してるのかも。。

車を降りて、お店に入ったりする時は
違う帽子にチェンジし、フェイスマスクは首元までおろします。
(これだけは今だに面倒くさい)

ノーファンデ&水洗顔

絶対!ノーファンデ主義

絶対!ノーファンデ主義

日焼け止めは、レジャーなど日によっては使いますが
今年は主に、フェイスマスクと帽子&日傘
紫外線を防御しました。

いくらオーガニックな日焼け止めでも
肌にとっては異物ですから、負担は皆無ではなく。

近頃もっぱら水だけ洗顔なので、それに合わせて
ノーファンデ&ノー日焼け止めが続いています。

アイメイク&チーク&お粉は付ける日もありますが
その場合でも、ネオナチュラルの超優れモノのクレンジングに出会ったので
その後の石鹸洗顔が全く不要になり、肌も楽です。

冷たい飲み物は飲まない。家で作った純水のお白湯を

蒸留水器とプラ容器

基本的に飲み物は「蒸留水」
「お水」か暖かい「お白湯」。

家庭用蒸留水器を、東日本大震災後に買って
それ以降、一日として休ませたことが無いんじゃないかと思うくらい
フル稼働で、お水を作ってもらっています。

>>蒸留水器についての記事(旧ずぼら美肌)

私達は、どうしても
食品添加物など、排出すべき異物を摂取せざるを得ません。

摂取するべきでないものを取り込んで
代謝してくれる臓器(=肝臓)に負荷を掛けると、いろんな影響が出ます。

肌も、ある種の排泄器官」と言えます。

完全自給自足生活でない限り、摂取しないで済む生活は難しいので

せめて飲み物くらいは、肝臓のお世話にならないで
他の有害物質の排出・排毒(解毒)作業に集中して貰えるよう

そんなイメージで、不純物が全く無い、蒸留水を飲んでいます。

そして
冷たい飲み物で臓器を冷やすと、働きが鈍るので
温かいものを飲むように心がけています。

洗剤・石鹸は出来るだけ使わない

えみな

洗濯は、いわゆる合成洗剤は使わず
少量の使用で済む、生分解率に優れた酵素石鹸(?)を。

油汚れがヒドイ場合は、高級アルコール系で生分解の早い
「海へ・・」という洗剤を使ったり。

食器については、食洗機にはわさびカテキンの洗剤などを使い

手洗いでは、かなり薄めた石鹸洗剤をスプレーし
スポンジは使わず、凸凹したふきんで
こすり洗いで落としたりします。

歯磨き粉は、使いません。

ちょっと前まではアレッポの石鹸などでシャンプーしていましたが
最近は石鹸すらも使わず、ほぼ湯シャンです。

洗顔も石鹸を使わず、水だけ洗顔orぬるま湯洗顔。

紙の生理用ナプキンは買わない。
消費は減少傾向

フルールカップ

このブログでも毎月書いている「月経カップ」
見事に紙の生理用ナプキンからはオサラバできました。

余った生理用ナプキン達(夜用とか、凄いボリューム!)は
捨てるのも忍びないのですが、二度と使いたいとは思えず(ーー;

気づけば「使わない」「買わない」「足さない」「付けない」
というような「~しない」ということばかり増えて

経済活動としては、消費が少なくなっていく一方です。

できれば除菌殺菌はしたくない

binareソープ泡

子供が、園などから嬉しそうに
「除菌」と書かれたハンドソープを貰ってきても
(メーカーさんが出張で「手洗い指導」をしてくれるらしい)

決して使わせず、後でこっそり中身を
ハーブのソープに変えたりしています^ ^;

できるだけ除菌殺菌はしたくないのです。
皮膚にいる、肌を守ってくれている常在菌を
むやみに殺したくはないんです。

石鹸ですら、洗うと元に戻るまで、10時間位は掛かるらしく
決して、居てくれて当たり前の存在では無いんですね。

常在菌を迫害していた過去との決別

なのに私は過去、間違って
くすみを取りたいと思って、顔を洗い過ぎたり
(2度洗いを繰り返して、バリアーを落としていた)

毛穴の角栓を押し出そうと、必死でいじって
小鼻に醜い痕が残ってしまったり

子育て中は特に清潔を心がけて
一日20回以上も石鹸手洗いしたり

見事に常在菌を迫害していました。

今は、仲良くしたいので

いろんな専門家の方々にお話を聞いたり
自分の身体で実験しています。

歳を取るのが楽しみ

紫外線による光老化
酸化・糖化による老化を防ぐのはもちろんですが

常在菌と仲良くすることで
若々しさを保てるかも知れません。

実は今月、40歳になってしまいましたが
悲壮感はなく、逆にようやく
スタートラインに立った様な気がしています。

今後、50歳、60歳へと
自分がどのように歳を重ねていけるのか

「楽しみ」であるという事自体が
とても幸せだったりします*^ ^*

過去は悔やんでも戻らない

青コスモス花

お友達は、お世辞を言ってくれますが

今の私が、別段、美肌でもなんでもないのは
本人が一番良く分かっております。

運転日焼けで、顔の右半分に
シミを作ってしまったり

 参考:「それでも私が紫外線対策する理由~すっぴんでシミ比較!」(旧ずぼら美肌)

顔を洗い過ぎたり、いじり過ぎて痕になった事については
もう後戻りができません(T-T)

私は気づくのが遅かったけれど、その分
これからの方々が、同じ悲しい思いをしないように
お伝えしていく事はできます。

そして、40からでも、意識と行動を変えることで
どれだけ変われるか、証人になりたいと思います。

せめてせめて、自分の子供には同じ失敗をさせたくない。
そんな小さなモチベーションから、書いていたりします。

以上、今日は少々ヨッパライがお伝えしましたm(_ _)m

関連記事

コメント

  1. ファイスガードいいんだけど、
    自分が邪魔に感じるのよね、あれ。
    洗濯の仕方は私も一緒です。
    家の中で全部セットしてから外に出してます。
    日に当たったほうが健康的に感じるけど、
    今の紫外線はそうとは言い切れないんでしょうね~。
    さすがに肌寒くなってきたんで、
    夏用のUVカット手袋から、冬用手袋にチェンジしました~。

      • きのみい
      • 2013年 11月 19日

      心姫さん、結構しっかりUV対策派ですもんね。。
      私も、そういうのが当然かと思ってたら、どうも違ったようです^ ^;

      知識として知っていても、対策されてない方は
      「諦めてる」って仰ってました。
      確かに、それも1つの解決策ですね。シミを受け入れるという。

      ただ、親の手の甲とか見てると(テニスでシミだらけだった)
      一旦出来たしみも、余り陽に当たらなくなって数年経ってみると
      見事に薄くなってたりするんですよね。
      お風呂とかで新陳代謝を活発にしてると、効果あるのかも。

      だから、諦めなくても良いかもしんない、と思ったり。

      そもそも、しみだけじゃなく、光老化のお陰で
      たるむし、毛穴開くし、いいコトないんですよねー
      自分の顔の左右を見比べる度に、いつも思います(T-T)
      「ムダな」老化はしたくないもんです^ ^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2013.12.26

防腐剤ナシ&美容成分100%リペアジェルが鉄クサくて電話してみた

「リペアジェル」というオールインワン美容液なんですが あちこちで「美容成分100%」とかって広告を目にしつつ、 「どうせ、天…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る