ファンデーションはもはやマナーでは無い?「絶対!ノーファンデ主義」

素朴な疑問がありました。

別に、リップすらつけない「超ドすっぴん」でなくても

ポイントメイクで華やかさは出しつつ、でも
顔全体を覆い隠す様なファンデはしない事で

肌の負担を軽くして、美肌になる美容法ってアリじゃない?

そうやって既にポイントメイクのみのノーファンデを実践している方は居ないかな?と

→ おられました!

スポンサードリンク

ノーファンデ実践何十年のベテランはスチュワーデスさんだった

この潤子ララビュールさんという方は
元客室乗務員として勤務されている間も
ノーファンデを通されていたそうです。

スチュワーデスさんは当然メイクばっちりかと思いきや
こんな方もおられたんですね・・・びっくり@@;

ポイントメイクさえしっかりしておけば
ノーファンデでも、「常時保湿が出来る」というメリットのせいで
逆に若々しいお肌が保てるという、とても分かりやすい良い例です。

ノーファンデ主義の7つのメリット

著者曰く、ノーファンデションを貫くメリットとして

1)化粧崩れナシ・・・そもそもファンデーションを塗らないから崩れようがない

2)簡単、短時間・・・保湿用品とグロスのみ

3)24時間美肌・・・常時保湿が可能

4)五感が冴える・・・自分の肌の変化も敏感に

5)自信が付く・・・美肌キープの努力をした自分を好きになれる

6)つきあい上手に・・・相手との距離が近くなる

7)若々しくなる・・・肌に負担が少ないので10年後も若い

・・・などを挙げられていました。

ノーファンデでコミュニケーション上手にもなれる?

意外で、面白いなーと思ったのが、6番について。

確かに、がっつり隙の無い、厚塗りメイクの方って
「戦闘モード」というか、バリアを張られている気がしないでもない。

 ※草食系男子は特にメイクを嫌がるという記事も見たことアリ

個人的には、すっぴんor薄化粧の人の方が
気さくにしゃべられるかも。同類の匂いがするからかな・・

そして何より7番が良いですよね!!「10年後も若い」って。これですコレ。

何も付けてない方が、肌がキレイかもしれないという不思議

過去、私の身の回りで
肌荒れに悩む人ほどファンデを塗りたくっていたり

「私、肌が弱いのー」とか言って基礎化粧含め、全く化粧っ気の無い人ほど
透き通るようなキレイなお肌だったり

普通肌の方でも、何気なくファンデを塗ったとたんに
肌の透明感が損なわれ、逆にアラが目立って老けて見えたり

そういうのを見るにつけ
なんだかなあ???とずっと思っていたんです。

ファンデーション有りもOK、無しもOKでいいじゃない?

決して、フルメイクを否定する訳じゃないですよ。

モデルさんや女優さんみたいな、キレイなバッチリメイクも大好きです。
うっとりする程美しいというのは、素晴らしいことです。

でも、普段私たちがお化粧するにあたって

「必ずしも、ファンデーション塗る必要はないんだよ」
「もし、気持ち悪いのを無理してメイクしてるなら、やめても意外と大丈夫かもよ」

・・・ということをお伝えしたいだけです。

ノーファンデの方が美肌になるって、今や当然?

最近の若い方は、よりナチュラルな自分を求めて
ファンデーションをやめている人が増えているそうです。

「他人と比較しない、自分らしい生き方をしていきたい」という考えが
そのベースになっているとか。素晴らしい!!

たとえファンデーション無しでも
カラーさえちゃんと加えておけば、意外とキレイに見えるものなので

ファンデに違和感ある方や、今日は肌トラブルが出て困る、という方は
たまーにでも、「ファンデーションを付けない生活」を是非一度お試し下さい。

クセになるかも。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2013.8.7

老けない人はやめている

アンチエイジング本は数多ありますが これは結構、初耳の内容も多く、付箋貼りまくり。 パラパラとページをめくるだけでも 「え…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る