美肌菌の概念が広まりつつある?のが嬉しい

skincare3

美肌菌バンクのモニターをさせて貰っているきのみいです。

12月のプレスリリース後、各メディアが取り上げてますが
美肌菌バンク自体は、とても高価なので
ユーザーが増えるのは難しいんじゃないかな・・と思っていました。

が。

月に生産できる数が限られていることもあり
先月の時点で、予約が一月先まで埋まっていたとのこと。

「申し込み・問い合わせが殺到!1月申し込み分は完売『美肌菌バンク』」

すごいねー@@;

スポンサードリンク

「菌=汚い」は間違いと断言するまとめも登場

近頃はあちこちで
”「菌=汚い」は間違い?美肌に欠かせない”美肌菌”とは”
みたいな記事が見られるようになりました。

これまでも
「肌には常在菌がいるんだよ!大事にね!」という
切り口の記事はありましたが(当サイトもリンクされてたり)

「美肌菌」という言葉は極々少数でしたので
最近急に増えたかな?という感じがしています。

表皮ブドウ球菌=美肌菌と定義付け
世に知らしめた「美肌菌戻しプロジェクト」のお陰だなあと。。

中には
「化粧品をむやみに使い過ぎない」という内容もありました。

化粧品には防腐剤やそれに替わる保存料が使われています。それらは化粧品の中で菌を増やさないためのものですから、美肌菌にもダメージを与えてしまいます。

肌の湿度を保つために保湿ケアは大切ですが、むやみに大量に使ったり、いろんなものを重ねづけし過ぎると逆効果になってしまう場合があります。適度に使うようにしてください。

「美人を作る「美肌菌」の育て方」

自前の菌を育てる意識を

skincare4

健康なお肌の人が、適度に使う分には
問題ない「保存料」や「防腐剤」であっても

トラブル肌の人が、化粧品に頼って
闇雲に幾つも重ねづけしたりする風潮は
ほんっっっっっとに危惧するところなんです(><)

これらの記事に触れることで
「お化粧品で何とかしよう!」ではなく

その前に今、すでにご自身がお持ちの菌を
大事に育てようという意識が
広がってくれるといいなあ・・と願っています^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2013.8.7

老けない人はやめている

アンチエイジング本は数多ありますが これは結構、初耳の内容も多く、付箋貼りまくり。 パラパラとページをめくるだけでも 「え…

管理人プロフィール


ずぼら美肌研究家 きのみい

せっせと洗って、念入りにお手入れしても
肌の劣化は止まらない?!

てきとーに洗って、最低限のお手入れ
「ずぼら美肌」もアリですよ!

管理人プロフィールへ

*カテゴリー*

open all | close all

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る